• Header-kenniscentrum-1.jpg

« バック

植物の成長と開花を決める要素は何ですか?

groei-en-bloeifactoren-blog-bac.jpg05 ноя

作物を育てるときは、美しく育てて美しく開花させたいことでしょう。これは難しい場合があります。作物の成長と開花に影響を与える6つの要因があります。栄養、給水、光の強度、酸素とCO2、温度と湿度です。このブログでは、これらについて詳しく説明します。

どのように成長しますか?

まず、「成長」の定義を詳しく見ていきましょう。作物が大きくなると、新しい細胞が現れたり、既存の細胞が大きくなるため、サイズが大きくなっていきます。光合成が植物の成長呼吸よりも大きい場合、植物は成長する可能性があります。光合成は、植物の葉緑のプロセスで、光エネルギーを使用して二酸化炭素を炭水化物に変換します。これらの糖分は植物の成長呼吸の間に燃焼されます。植物はエネルギーを開放し、育っていきます。

成長要因

最適な成長のためには6つの要素に気をつけ、それらが互いに良好な関係を持つようにすることが重要です。これらの要因のいずれかが良くない場合、植物の成長を妨げる可能性があります。

  • 水やり: 水の吸収がうまくいっているときは植物はより成長します。植物は水分を根から吸収することで、栄養素を吸収しています。根が多いほど、植物が吸収できる栄養素が多くなります。pH値が安定していることを確認して、根が損傷しないようにしてください。ハンギングカップを用いることで給水の問題を確認できます。
  • 栄養: 作物が必要とする要素の多くは大気中に存在します。肥沃化は成長に約6%影響を与える可能性があります。必要以上に肥沃化させないでください。そうしないと、成長が制限される可能性があります。
  • 光の強さ: 植物は糖を燃焼することによって成長します。そして糖は光エネルギー(光合成)によって作られます。したがって植物には十分な日光が必要です。特に、光が不足すると根の成長が減少し、植物が吸収できる栄養素が少なくなります。
  • 酸素とCO2:植物は呼吸に酸素を必要とします。水をやりすぎると、土壌から酸素がなくなり、根腐れにつながります。植物はまた糖の合成のためにCO2を必要としますが、大気に十分存在します。
  • 温度:土壌温度が摂氏約20度であることを確認しましょう。温度は成長に大きな影響を与えます。暑すぎると(摂氏30度を超えると)、光合成が低下します。また寒すぎると、植物の成長、結実、開花が遅くなります。
  • 湿度:湿度が高すぎても低すぎても、作物の成長を妨げる可能性があります。湿度が高すぎると、葉から蒸発する水が少なくなり、その結果、根から供給される水と栄養素が少なくなります。またカビ成形の可能性が高くなります。湿度が低すぎると変色症状が発生し、葉の緑が失われます。

アドバイスが必要ですか?

植物の成長についてもっと質問をお持ちですか?植物育成の知識豊富なエキスパートにおまかせください。喜んで、育て方や開花させるためのアドバイスをお答えします。

« バック

Scroll to top